SW2.0技能紹介:その他の技能後編~バード・ライダー・アルケミスト・ウォーリーダー・ミスティック~

火曜日 , 21, 3月 2017 Leave a comment

*この記事は、2017/3/15時点でのすべての大型サプリを導入済み環境を前提としています。ただしシナリオブック(ミストキャッスル、フォビドゥンタワー等)のデータは考慮していません。

 

今回はその他の技能のうち、応用的な技能たちを紹介。
  • 『バード技能』・・・「呪歌」でサポートを行う技能。レベル10~には強烈なのも揃うが、基本的に扱いには難アリ。秘伝がカギとなる。
  • 『ライダー技能』・・・「騎獣」に乗り、多くの恩恵を受けたりあるいは騎獣のパワーで戦う。構成次第で探索等も可能で、かなり強力な技能。
  • 『アルケミスト技能』・・・MPは不要だがお金のかかる「賦術」を使う。低レベルで取得しても強力なものが多く、よく取得される。
  • 『ウォーリーダー技能』・・・MP不要・補助動作で強力なバフを発揮する。1人は欲しいが、本人に恩恵がないのが注意点。
  • 『ミスティック技能』・・・他で全く代用の効かない「メタ的に情報を得る/今の判定は夢だったことにする」が可能。特にシティに強い。

というわけで、この5つ。





  • 『バード技能』

いわゆる吟遊詩人、歌を歌って敵味方に特殊な効果を与える。・・・でもぶっちゃけ、SW2.0のバードはそんなに強くない。なにしろ基本的には敵味方無差別にかかるし、判定が精神力ベースなので指輪での増幅も効かないし、主動作1回でやるにしては効果がそこまで強力ではないものが多く、強力なものはさらに前奏で数ラウンドを消費したりする。呪歌以外にできる判定も見識ぐらいだ。

ただし、ザルツ地方の秘伝「カサドリス戦奏術」を使用する場合は近接攻撃しながら呪歌を歌ったり、魔法を使いながら呪歌を歌ったりできるようになるのだ。この場合も宣言枠を消費するため、魔法を拡大したり全力攻撃をしたりといったことはできなくなるが、それでも通常のバードより大きく戦闘力を増すことだろう。

 

  • 『ライダー技能』

馬に乗ったりバイクに乗ったり、あるいはドラゴンに乗ったりするための技能だ。近接攻撃キャラの戦闘力を大幅に増すことが出来、騎獣自体が与えるダメージもバカにならないためメイン技能をより強力にする性質があり、生物騎獣であれば魔物知識判定の他に「探索・危険感知・足跡追跡」などの判定も行えるようになるため、非常に強力な技能である。

難点としてはものすごーくお金がかかること。場所を選ぶこと。そして中途半端にレベルを止められないこと。まずお金に関しては、騎獣自体の値段、装備の値段、維持費、その他もろもろが結構かかる。場所に関しては1部位騎獣であればめったなことでは入れないことはないが、2~4部位騎獣の場合、ちょっと狭いと結構引っかかる。最後にレベルに関しては、中途半端なレベルだと騎獣が弱すぎて高レベルの環境に耐えられず、あっという間に死んでしまうのだ。そのためまず間違いなく、メイン技能、あるいはその次に上げるサブ技能その1として据える必要がある。

 

  • 『アルケミスト技能』

MPではなくカードを使ってバフやデバフをかける。BカードやAカードを補助動作で1枚づつ使っているぶんにはそんなにお金かからないけど、主動作でばらばらしたり、Sカード以上に手を出すとヒジョーにお高くつく。ただし、アルケミスト技能により行える加工が非常に多く、メインアルケミ(特に変転のできる人間)が居るとかえってPT全体としては劇的に金銭事情が改善したりする。

 

総じて「レベル1だけ取ってAカードを投げる」のが極めて金銭・経験的なコスパが良好。アルケミーキットが装備部位を食うという欠点はあるので全員習得推奨とまではいかないが、PTで2~3人はレベル1だけ持っていてもおかしくない技能だよ。

 

  • 『ウォーリーダー技能』

補助動作かつ消費無しと、全くのノーコストで戦闘特技も必要なく味方全員にバフをかける技能。あと先制もできる。1人は取っておきたい。2人でも意外と色々活用法がある。

・・・割と言うことないです。低レベルでも高レベルでも上げた分の効果はある技能。10~は使いづらいのが多いが・・・経験点と相談して上げてください。

 

  • 『ミスティック技能』

占いで今日のラッキーアイテムを占ったり、情報を得たり、不都合な結果を「という夢を見たから気をつけようね」ということにしたりできる技能。戦闘中に主動作使える占いは多くがさほど強力ではなく、基本的には戦闘のための技能ではない。フェアリーテイマーの妖精召喚中などに使うぐらいがせいぜいと思われる。反面、「先制判定をやり直せる」「生死判定をやり直せる」といった、幻視系の技能には非常に有用なものが揃っている。

真価を発揮するのはシティ・アドベンチャーシナリオで、占いによりさまざまなヒントを得られるはずだ。「NPCを怒らせちゃったのを、夢だったことにして交渉をやり直せる」ようなものまである。どのように占いの結果を示すか、GMの力量が試されるところも・・・

 

 

・・・さて、ここまでで19個の技能を軽く紹介していったよ。今度からは具体的なビルドなどの考察をしたりしようと思うよ!