SW2.0 ラクシアゴッドブックの紹介!

木曜日 , 25, 5月 2017 Leave a comment

こんばんは、ゆーぎりです。

5月20日発売のラクシアゴッドブック(略称GB、またはRGB)を買ってきたよ!

RGBは税別900円で文庫サイズの、SW2.0の神様についてのエピソードや神聖魔法、ちょっとしたものから神の遺物までの神様ゆかりのアイテムを収録した本だよ。表紙はルミエル系の神様代表の始祖神ライフォス。・・・あれ?!ライフォス様こんなイケおじさまだったの!?もっとふんわり系だと思ったので、かなりびっくり。

  • 新種族、センティアンは陣営で能力が変わり、高い神官適正を持つ!

というわけで、掲載ページ順に紹介していきます。まずはじめの第一部は、新種族「センティアン」。

なんと、第一の剣陣営か、第二の剣陣営か、第三の剣陣営かで初期能力値の決定ダイスなどが変わってくるよ。また、必ず生まれ技能にプリーストが含まれる。

能力値の合計期待値は、ルミエル系は87、イグニス系は93、カルディア系は87.5。ルミエル系は生命、イグニス系は筋力、カルディア系は知力精神が高くなる。種族特徴も、共通である「聖印不要で神聖魔法行使可能」および「レベル6、レベル11で神聖魔法の魔力+1」以外はそれぞれ異なる特徴を持つ。

いずれにせよ非常に高い神官適正を持っており、純神官、あるいは神官戦士としての活躍が望めそう!

  • 46柱の神様たちの性質のわかるエピソードたち!

次の第二部は、SW2.0の世界の神様たちのさまざまなエピソードが掲載しているよ!

「戦うのが好きなんじゃない、勝つのが好きなんだ」などとどこかで聞いたようなセリフを放つユリスカロアのようにコミカルなものから、今までなかなか語られてこなかった、ライフォスが「ルミエルを手にするまで」の神話など、どれもこれも目を引くものばかり。個人的にカオルルウプテのエピソードが一番印象に残ったよ。いや、お前、この後何があったのさ?!・・・感でいっぱいだった。次いでル=ロウドとヴァ=セアン。こいつら頭ぶっとびすぎ。ル=ロウドが第二の剣ゆかりの神であることを納得させられた。

  • 現在登場している神の格言や概要と、神聖魔法の総覧!

第三部は、ウィザーズトゥームやアルケミストワークスに掲載していたような、神様の3つの格言や、信者のありかたなどの概要を示したものと、特殊神聖魔法をまとめたものだよ。

今回新しく神聖魔法が追加されたのは「貨幣神ガメル」「制裁の双子女神」「策謀神ワギル=イシナニ」の3柱だ。

いずれも超強力なものではないが、特徴的なものが揃っていたよ。それと「紡糸の女神エルピュセ(フォビドゥンタワー掲載)」や「海風の神ヴァ=セアン(リプレイ掲載)」、「竜帝神シムルグ(ドラゴンレイド掲載)」など今まで特定のシナリオブックやリプレイにしか掲載されてなかった神様とその特殊神聖魔法も掲載されており、2017年5月現在登場している神様はすべて参照できるようになっているよ。

  • 神々や神殿由来のアイテムたち!

第四部は、神々や神殿ゆかりのさまざまなアイテムデータが掲載されているよ。

実用的なものよりはどちらかというと、一般の人達も持っているような、神々への信仰などを示すフレーバーアイテムなどが数多く揃っているけれど、非金属鎧Bランクにして、必要筋力1、回避+1、防護点+2に特殊能力も持つ「慈雨女神の神装束」のような、実用面で強力なアイテムも存在しているよ。これらがあれば、RPが捗ること間違い無し?

 

  • 総評:900円でサプリより大分安いし、買って損なし!

SW2.0のサプリは多くてちょっと高いのが難点だけど、そのサプリに散らばった神様をまとめて見れるだけでも間違いなく900円の価値はあるよ。それに神々のエピソードはどれも面白いし、信仰にまつわるアイテムはRPを面白くしてくれるよ!

SW2.0プレイヤーならば、ぜひぜひ購入してみよう!